もう少し胸があるのなら、形が上向きともなればと、バストの悩みを抱えている女性は実に多くいます。そして、胸に劣等感を感じて、ヒアルロン酸の豊胸手術や、豊胸バッグの豊胸手術、豊胸エステなどに助けを求めている人も多いのかもしれません。豊胸は女性の憧れですが、豊胸手術やエステティックサロンはお金がかかるし、手術によって胸を切らなければダメです。外に助けを求める前に自分でできる豊胸エクササイズをしてみませんか? 豊胸エクササイズって言うと、腕立て伏せ。聞いた事がある人も、実際にやってみた事がある方も多いはず。腕立て伏せは胸を支える大事な筋肉である大胸筋を鍛えるのに効果的なエクササイズです。胸が小さい、形が悪い、下がり気味だと悩んでいるあなた、毎日腕立て伏せをしてバストUPを目指しませんか? ここで腕立て伏せの基本的なやり方をご説明します。 ・両手を肩幅くらいに広げ、床につけます ・のんびりと両肘をまげ、それから元に戻します この時胸が床につくくらい深く曲げるようにするといいでしょう。また、肘を痛めないために、腕を曲げるときは両肘を外側に曲げるようにしましょう。早くやる必要はないので、1回一回のんびりしっかりと腕立て伏せをしてください。 通常の腕立て伏せができない人は、膝をついてやると良いですねー